LSD(Limited Slip Didderential)にみる運動性能の向上

LSDを装着すると走行性能がこんなに変わります

コーナリングで荷重移動した場合、純正デフは荷重の軽くなるイン側に駆動力が集中してしまい、パワーをかけても思うように加速しません。

L.S.D.を装着したクルマは、荷重移動によって荷重の増えたアウト側に駆動力を伝えクルマをコーナリング中でも前へ進めます。

D-SPORTのLSDは、走行スタイル・好みに合わせて選べる2タイプを設定

1WAY L.S.D.

積極的にクルマの向きを変えられる[中・上級者]向き

アクセル・オンの加速状態で作動し、アクセル・オフでデフ本来の機能が働くのが1WAY L.S.D.の特長です。 コーナリング時にアクセルを戻すと、L.S.D.の効果が切れます。そのため、クルマを前へ押し出す力が消えて、ターンインで素直にフロントがクリッピングへと向きます。そしてアクセルを踏み込めば、力強いトラクションとともにL.S.D.効果が即座に復活します。
1.5WAY L.S.D.

アクセルオン・オフでの挙動変化が穏やかでコントローラブルな[初・中級者]向き

アクセル・オンでもアクセル・オフでも作動し、常にトラクションがかかった状態になるのが1.5WAY L.S.D.の特長です。 コーナー進入時にアクセルを戻しても、L.S.D.効果は持続します。つまり、1WAY L.S.D.よりはクルマが若干曲がりづらくなりますが、コーナリング中のアクセルオン・オフによるクルマの挙動をコントロールするのが容易です。
悪路走破性の向上
直進状態であっても左右路面のμ(摩擦係数)の違う場合、コーナリング時同様純正デフではμの低い方に駆動力を集中してしまい、クルマを前に進める力をロスしてしまいます。L.S.D.を装着すると、高μ路面側にも駆動力を伝え、クルマを前に進めることが可能になります。

動作方式による走りの違い

1WAY LSD では・・・
駆動輪と操舵輪が同じFF車、4WD車フロントは、FR車やMR車のようにアクセル・オンで挙動修正することができません。また、アクセル・オフと同時に駆動力がかからなくなるため、駆動抵抗も無く軽いステアリングでコーナーをクリアすることができます。
1.5WAY LSD では・・・
駆動と惰行/アクセルのオン・オフでプレッシャーリングのカム角度を変え、スムーズなコーナー進入と力強いトラクションで、路面を選ばず癖の無い立ち上がりを実現しました。アクセル・オフ時には、弱めのL.S.D.効果によりスムーズにターンインし、アクセル・オン時には、強大なL.S.D.効果により力強いトラクションが得られます。

サスペンションパーツにみる運動性能の向上

続きを読む

ボディ剛性アップパーツにみる運動性能の向上

続きを読む

LSD(リミテッドスリップデファレンシャル)にみる運動性能の向上

続きを読む

とじる