スーパーインタークーラーTyep II

super_intercooler_type2

D-SPORTコペン用スーパーインタークーラーType IIは、純正インタークーラーと同サイズながら、本体構造すべての部品を軽量で熱交換性に優れるアルミニウムを採用。取り付け位置に合わせたチューブ断面形状や、フィンを流体効率のよい形状で設計し、吸気温度を理想的に冷却。燃焼効率を向上させエンジン出力を大幅にアップさせます。

copen_intercooler_graph

  • インタークーラーアウターは従来品のフィン形状を使用していますが、インナーにより細めの新形状フィンを採用。走行風を取り入れやすい従来品のフィン形状と、取り入れた空気をより効率よく利用することができる細めのタイプのそれぞれの良さが冷却効率をさらに向上させます。
  • 純正インタークーラーと同サイズの設計。取り付け時の加工レスを求め、ボディ剛性・パイピングレイアウトを極力ノーマル車に近づけ、理想の熱交換を可能にしました。
    (パイピングは純正品およびD-SPORTコペン用アルミインテークパイプキット(品番:17113-E080)対応、ボルト・ナットは純正品を使用します。)
ターボチャージャーによって過給された吸入空気は130℃~190℃前後まで上昇します。吸入空気の温度が上昇すると空気は膨張し、酸素密度の低下を及ぼし、エンジンの燃焼効率を妨げ、ターボ本来の効果が発揮できず、エンジン出力に悪影響を与えます。このため、インタークーラーを装着。吸気温度を理想的温度に導き、燃焼効率の向上から出力の大幅な増大を求めることができます

適合表を参照する

コペン(L880K)適合 エンジンパーツ

とじる