Research & Developmentダイハツ車のレスポンスを最大限に引き出すための真摯な開発姿勢

D-SPORTでは、ダイハツ車の性能を最大限に引き出すべく、常に研究、テストを重ね、各製品の開発を続けています。例えば、スポーツエアフィルターは、エアベンチという車両走行時の風速を再現し、ダストを混入したエアを送る専用施設を使用。あらゆる走行条件を想定し、通気抵抗の低減、ダスト捕捉性能を追求した結果、高性能不織布タイプのエアフィルターを製品化しました。そして市販製品をコペンのレーシングカーにも装着。モータースポーツの場でその品質の高さを実証しました。また、スポーツマフラーにとって、パワーアップ、トルクアップし、走行フィーリングをハイレベルに向上させながら、騒音基準値を満たすことは至上命題です。D-SPORTスポーツマフラーは、精度の高い音量測定を実施し、スポーツマフラーに求められる性能と音量値をバランスさせ、これをクリアしています。さらに、コペンには、ユーザーの声を反映し、通常よりも音量値を下げ、周辺環境に配慮した「サイレントバージョン」、クラブマン風テールデザインを採用したジェントル仕様のGTバージョン、スタイリッシュバージョン設定しています。

コペン用スポーツマフラーGTバージョン(左)
コペン用スポーツエアフィルター(右)
エアベンチ室を使用し、通気抵抗試験や清浄効率試験他8項目に及ぶ試験を実施。
材質、密度等あらゆる検証を行い製品化。
不織布タイプ(左)
ウレタンタイプ (右)
音量測定風景

From Motorsport市販製品をレーシングカーへの装着、レースからのフィードバック

D-SPORTは、モータースポーツにも積極的に挑戦をし続けています。ジムカーナの「ダイハツ・チャレンジカップ」にはミラジーノ、ミラAVYを、「K4GP富士1000km耐久エコラン」「十勝GPコース軽自動車5時間+α耐久レース」「K-Car筑波2時間耐久レース」「K4-GPセパン24時間耐久レース」などの耐久レースにはコペン、エッセでエントリー。また「2007年K4-GP富士2時間AT耐久レース」には、K-CARスペシャル誌とのコラボレーションによるソニカ7速CVT車で参戦。2003年雨の富士では悪コンディションの中を果敢に走り抜き夕暮れにゴール、十勝では5時間におよぶ激闘を、2004年筑波では8月の猛暑の中、独自のクーリング対策を施し戦い抜き、その過酷なチャレンジで得たノウハウをもとに2007年セパン24時間耐久レースでは見事完走を果たしました。さらに2006年、2007年K4-GP富士1000km耐久エコランレースでは、改造範囲のごく限られたエッセで2年連続クラス優勝を獲得しました。競技車には走行性能、耐久性、信頼性において、当然レーシングスペックが求められますが、これらの競技は、いずれも大幅な改造が許されず、車両の基本性能と、公道走行可能な市販パーツの性能の高さが非常に重要なウェイトを占めます。D-SPORTでは、競技車両に市販製品を装着し、その性能と信頼性の高さを実証するとともに、レースで得たノウハウを製品開発に活かしています。

「K4 GP 富士1000km耐久エコラン」

2006年8月15日、2007年8月15日/富士スピードウェイ/DSP weds ADVAN エッセ
K4 GP セパン24時間耐久レース」

2007年2月10日/セパン・インターナショナルサーキット/D-SPORT ADVAN コペン

2009年2月12日/セパン・インターナショナルサーキット/Team D-SPORT truth コペン
「K4 GP 富士1000km耐久エコラン」

2003年8月14日/富士スピードウェイ/D-SPORTコペン
「十勝GPコース軽自動車5時間+α耐久レース」

2003年11月9日/十勝スピードウェイ/D-SPORTコペン
「K-Car筑波2時間耐久レース」

2004年8月28日/筑波サーキット/D-SPORTコペン
「ダイハツ・チャレンジカップ」

D-SPORTミラジーノ / D-SPORTミラAVY
「K4 GP 富士2時間AT耐久レース」

2007年8月14日/富士スピードウェイ/DSP & Kスペ 7速ソニカ

For Sport Drivingユーザー本位のラインナップ展開、全ては走りを楽しむために

D-SPORT製品は、ダイハツ車のスポーツ性能を引き出し、ユーザーが安心してスポーティな走りを楽しめるように様々なアイテムをラインナップ。中でもサスペンションはD-SPORTが最もこだわり抜いた製品のひとつです。ラインナップする車種の性格、ユーザー個々の走行シーンやシチュエーション、チューニングの度合いに合わせ、「A-SPEC」「B-SPEC」「C-SPEC」を展開しています。

A-SPECスプリング

手軽なサスペンションチューニングの第一歩としてお勧めするスプリング交換を「A-SPEC」として設定しました。純正ショックアブソーバーの性能を活かす、しなやかでシャープな乗り心地のローダウン・スプリングです。引っ張り強度1720N/mm2のSUP12材の採用により、長期間の使用でもヘタらない高い耐久性を確保。また、リヤはプログレッシブレートとすることで、優れた路面への追従性と乗り心地を実現しています。

B-SPECサスペンションキット

「タウンユースはもっと気持ちよく、ワインディングはより楽しく」をコンセプトに、D-SPORTが自信をもってプロデュースしたダンパーキットです。コンパクトカーの中ではトップクラスのシャシー性能を持つダイハツ車の優れた特性を損なうことなく乗り心地を確保し、よりシャープに、よりハイレベルな操縦安定性と高次元のコーナリング性能を実現しました。 コペン用B-SPECサスペンションキット GTバージョン車高をノーマルより適度に下げたスポーティなフォルムは、ショックアブソーバーとスプリングを車種毎に専用設計することで、ショックアブソーバーのケース長ストロークを変更し、バウンドストロークを充分に確保。スポーツ性の高いセッティングで、低速域から高速域までをあらゆる走行条件に対応できる減衰力特性としています。さらに、コペンには、アクティブトップ開閉によるリヤの荷重変化に対応するよう、リヤに減衰力8段調整式ショックアブソーバーを採用した「GTバージョン」を設定しています。

C-SPEC車高調整式サスペンションキット

「タウンユースはもっと気持ちよく、ワインディングはより楽しく」をコンセプトに、D-SPORTが自信をもってプロデュースしたダンパーキットです。コンパクトカーの中ではトップクラスのシャシー性能を持つダイハツ車の優れた特性を損なうことなく乗り心地を確保し、よりシャープに、よりハイレベルな操縦安定性と高次元のコーナリング性能を実現しました。 車高をノーマルより適度に下げたスポーティなフォルムは、ショックアブソーバーとスプリングを車種毎に専用設計することで、ショックアブソーバーのケース長ストロークを変更し、バウンドストロークを充分に確保。スポーツ性の高いセッティングで、低速域から高速域までをあらゆる走行条件に対応できる減衰力特性としています。さらに、コペンには、アクティブトップ開閉によるリヤの荷重変化に対応するよう、リヤに減衰力8段調整式ショックアブソーバーを採用した「GTバージョン」を設定しています。

Contactお問合せはこちらまで

D-SPORT

〒140-0011 東京都品川区東大井1-4-20 SPK㈱内

TEL:03-5460-4560 FAX:03-5460-7441


現在、カタログの個別発送は行っておりません。こちらよりダウンロード頂きますよう、お願い申し上げます。

とじる